ピアノ

兵庫県立美術館のショパン展に行ってきた感想

神戸ショパン展

世界中の皆に愛されるショパン。
日本とポーランドが国交樹立100周年を迎える節目の年に自筆の楽譜や手紙、肖像画などショパンに関する資料が沢山展示されたショパン展が、神戸を皮切りに福岡・東京・静岡で開催されます。
今回岡山では開催されなかったのですが、神戸で開催されると知り早速行ってきました💪

まず入り口に入る前に大きいパネルがあり、一緒に記念写真を撮りました📷
ここではショパンの曲が流れていました〜
入る前からショパン色に染められていきますね。

神戸の会場は3階で階段を登るのが地味にしんどかったです。

受付でチケットを購入して(当日券は1400円でした)
隣のカウンターで音声説明を借りました。
一つ600円するのですがこれはせっかく行くなら絶対に借りた方がいいです‼️
これがあるかないかで楽しさが格段に変わると思います。

ここからネタバレありです。

まず入って一番最初に目にするのが沢山の文章たちです。
ショパンの曲について一つ一つ書かれており、時には詳しい背景も説明されていました。
僕が見た中で気になったのは『革命』と『雨だれ』です。
革命は最近弾いていた事もあり目を惹かれました。
書かれていた内容は僕も知っている事だったけど改めて読むと当時のショパンの心の中まで見えててくるような気持ちになりました。

少し奥に進むと当時のショパンを描いた画家たちによる肖像画や彫刻が展示されていました。ショパンは当時かなりかっこよくさぞモテていたんだろうなあと思います。
僕はショパンが某友人と似ているなあと思いました笑

その後も当時のワルシャワやポーランド、ショパンを描いた絵が沢山描かれていました。
中頃まで来ると、ある一角にベンチが置かれたスペースがありました。
そこにはプロジェクターでポーランドの街並みを写し出されスピーカーからショパンの演奏が流れるという素敵空間でした。
展示会は歩いて回る為少し疲れた方はここで身も心もリラックスして回復するといいと思います♪

後半はショパンの生涯〜没後について書かれていました。
特に大きく取り上げられていたのが来年も開催されるショパコンについてです。
開催当時〜現在までの日本人参加者について書かれていました✏️
僕の好きなチョソンジンもこの大会で優勝しているんですよね🥇
そして次のショパコンといえば来年2020年❗️
日本からも多くの人が参加するという事で凄く盛り上がるだろうなあと思います。
オリンピックもあるしワクワクな日本🇯🇵

所々にショパンの自筆で書かれた楽譜が飾られていました。
ショパンエチュード10-8ともう一曲あったと思うけど忘れました…笑
すごい細かい所までゆっくり見ることができてショパン好きとしてはとっても嬉しかったです。


最後はピアノの森のコーナー。
アニメの絵が沢山展示されていました🌳
そしてそこのコーナーの最後には出演ピアニスト達のコメントが…!
もちろん反田さんのコメントもありました♪
しっかり読んできましたよ👀

そして全部で1時間?ぐらいでショパン展を回りました!
正確に時間を測ってなかったけど体感ではそのくらいに感じたよ。

展示室を出た後の壁一覧に音楽家の経歴がズラーーーーっと書かれていて
最後まで楽しめる盛り沢山の内容でした。

外にはグッズコーナがあり
僕の母親はショパンの顔が印刷されたクリアファイルを購入していました笑
父親はキーホルダーが欲しいと言いつつ消えていました笑

感想

ショパン展に行った感想としては凄く楽しかったし、行って良かったと思いました。
ショパン展では沢山の絵画が展示されています。
最近絵にハマっている僕としては興味をそそられるものが多く、かなり新鮮でした。
音楽だけでなく同時に芸術も楽しめる素敵空間でした。

展示室は録画撮影が禁止なので是非福岡・東京・静岡近辺にお住まいの方は
足を運んでみてください♪
ショパン好きの方やそうでない方も楽しめる盛り沢山の内容になっています〜❗️

フォルテ

 

 

POSTED COMMENT

  1. ゆきこ より:

    フォルテさん、ちゃんと学んでてすごいと思う。
    わたしはたくさん文章って見るとうんざりするし。
    流し読み〜ってしてしまう。

  2. たくここママ より:

    ショパン展、私も行きました!!
    フォルテ君のおかげでショパンにものすごく興味を持ちました。

    1人、ゆっくり1時間半程かけて見ました。
    何となく当時にタイムスリップしたような気持ちになりながら、とても繊細に書かれた直筆の譜面や画家たちが描いたショパンの肖像画を眺めていました。

    私はまだピアノを始めて間がないですが、いつしかあのショパンの繊細な音楽を奏でてみたいと思っています。

    グッズですが、私はショパンのクリアファイルとショパンのパンがツボにハマってしまって買いました(笑)。

  3. のり より:

    数時間前に読んではいるのですが
    こちらにもコメントしていいのかな?
    説明グッズってどんな物だろう?
    最近ブログ頑張ってるのはなんでだろう?
    動機を聞いてみたいですね~

  4. クレッシェンド. f より:

    ご両親とお出かけだったんですね。
    母子で同じ音楽の道を進まれて、こうしてご家族で同じ趣味を楽しめるなんて、素敵なご家族です。どうやったらフォルテ君みたいな息子さんが育つんでしょう。お母様にぜひ講演していただきたいです♡

    ショパン展、とても充実した展示や素敵な風景や音楽を楽しめるようで、ぜひ行ってみたいなぁと思いました。
    詳しく紹介してくださってありがとうございます。フォルテ君の弾くショパンは優しく繊細なのにダイナミックで、煌めくような音色が心地良くて大好きです。
    木枯らしや黒鍵もまたきっと動画やCDでお披露目してくださるのかなと楽しみにしています。
    CDのための練習、大変かと思いますが、お体に気をつけて頑張ってくださいね。完成楽しみにしています。

  5. ミルク より:

    ショパン展私も行きたいです。
    フォルテさんは、ピアノだから
    今回のショパン展いいですね。
    私も歴史や文化が好きなので良く上野の
    博物館に行きます。
    機会あれば兵庫行きます。

  6. ぷりんdolce より:

    私も行きました。気がつくと2時間以上中にいました。
    私より一回りくらい若く出なくなってしまったショパン、
    それでも、こんな素敵な曲をピアノのために残してくれて、本当にありがたいと思いました。
    ポーランドとフランスに思いを馳せて、その日からショパンをよく弾いてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です